BLOGブログ

2019年11月22日

咳嗽とストレスに貴婦人のツボ、玉堂・紫宮・華蓋 はり灸処まんねん堂の日々のツボ 

_ 任脈



共通の主治
気管支喘息 咳嗽 胸痛

場所



玉堂 胸骨前面の正中線上で第三肋間の高さ
紫宮 前正中線と胸骨柄下端の交点
華蓋 胸骨前面の正中線上で、胸骨角と胸鎖関節の高さとの中央。

セルフケア方法
・ツボ押し
・お灸

美しいツボの名前
ツボの「貴婦人」と形容するにふさわし、玉堂(ぎょくどう)・紫宮(しきゅう)・華蓋(かがい)です。

画像は、シルバーナ・マンガーノ。「ベニスに死す」に母親役でも出演していたイタリアの大女優です。
役柄もさることながら、1920年代ヨーロッパ貴婦人の衣装を陶然と着こなし、ペールトーンのドレス、生花をあしらった広つば帽子のヴェール、幾重にも巻いた長い真珠のネックレスがとても美しく、印象に残りました。

女優の真珠のネックレスにあたる部分が、玉堂・紫宮・華蓋です。
中府☞雲門☞尺沢☞肺兪☞、厥陰兪、膏肓☞などと同様に、肺の疾患を司るツボが玉堂・紫宮・華蓋です。。
ストレスを受けて自律神経が乱れた状態にあると過敏に反応しやすい場所です。

咳嗽とストレス疾患に
鍼灸師としては糸状灸を上手に据えて差し上げたいツボ処といえます。

玉堂
高大な建築物や住居を「堂」という。心は君主であり、肺は華蓋を司っている。心の宿る場所は高貴な場所である。本穴はその中にあり、さらに肺の疾患を主治することから玉堂と名付けられた。
紫宮
紫は赤に近く、中央は宮。任脈はここに至って、内は心に会合し、心は血脈を司り、色は赤、すなわち紫。本穴はその処であるので紫宮と名付けられた。
華蓋
肺は五臓の華蓋である。いわゆる華蓋とは、昔の天子や帝王が外出する時に車に付けた絹傘を指していう。心は君主の官で胸中にあり、肺葉はその上を覆うような、まるで絹傘のような形をしている。また本穴は肺部の疾患を主治するため華蓋と名付けられた。

オンライン・マンツーマンお灸教室開催のお知らせ

 



Zoomオンラインによるマンツーマンお灸教室を随時開催しています。
講師とマンツーマンでお灸をマスターするチャンスです。
お灸の温熱刺激で血行を促進し病気になりにくい身体作りを始めてみませんか?せんねん灸タイプのお灸の使い方をマスターする「初心者向け」と自分でもぐさをひねる点灸を使う「中級者向け」の2つの講座を用意しています。

「はり灸処まんねん堂のオンライン・マンツーマンお灸教室」
詳細はこちらから☞


【JR阿佐ヶ谷駅から徒歩2分】はり灸処まんねん堂
はり灸処まんねん堂

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

080-6256-6565

プライバシーポリシー