BLOGブログ

2020年10月11日

母乳の出を良くするツボ天宗(てんそう) 日々のツボ SI11

_ 手の太陽小腸経


乳房痛を抑え母乳の出を良くするツボ









手の太陽小腸経の天宗ツボは、乳房痛を抑え、母乳の出を良くするツボといわれています。

乳房痛はほとんどの女性が経験する月経前症候群(PMS)の症状の一つです。
痛みとともに乳腺の張りやしこりを伴うことがあります。
これはホルモンの変動による乳腺の変化が原因と考えられ、しこりも良性のものが殆どです。

母乳には成分の異なる2種類の母乳があります。
分娩後3日以内に分泌される初乳と、初乳から移行期を経て分泌される成乳です。
初乳は、吸啜反応(赤ちゃんがお乳を吸うこと)が引き金になって分泌される淡黄色のとろりとした乳汁です。
初乳にはミネラルやたんぱく質の他に免疫物質であるIgA、ラクトフェリン、リゾチームが含まれ新生児の免疫機能を補います。
成乳は、エネルギー値が高く、脂肪や乳糖が多く含まれ赤ちゃんの成長発育を促します。





主治





乳房痛 胸痛 乳汁促進 肩甲骨の痛み 五十肩 二の腕の後ろ側の痛み





ツボの場所









肩甲棘(肩甲骨の横の梁のような骨)の中点と、
肩甲骨下角を結ぶ線を3等分して、肩甲棘から3分の1のところ。
押すとかなり痛いところ。





ルフケア方法





家族に協力してもらってツボ押ししてもらうのがいいでしょうか。





【JR阿佐ヶ谷駅から徒歩2分】はり灸処まんねん堂


はり灸処まんねん堂

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

080-6256-6565

プライバシーポリシー