ABOUT当院について

治療院

RESERVE
ご予約

はり灸処まんねん堂

CONCEPT

コンセプト

施術は7割以上がお灸となっており、鍼は必要と判断した場合のみ用います。
さらに当院では、熱によって生成される「HSP」に着目。代替医療と伝統医学の共通項目である「ナチュロパシー」・「ホリスティック」・「オーダーメイド」に力を注いだ施術を行っております。阿佐ヶ谷を中心に活動しておりますが、高円寺や荻窪にお住まいの皆様も通える鍼灸院です。

当院の四つのこだわり

1

HSP 
~ヒート・ショック・プロテイン~

HSP(ヒート・ショック・プロテイン)とは、細胞修復機能を持ったタンパク質のことで、熱による刺激で増加すると言われています。
当院ではメインの施術であるお灸により、皮膚表面に瞬間的な熱刺激を与え、HSPを増加。 血管若返り(アンチエイジング・美肌効果)に加え、免疫力向上(免疫担当細胞である白血球の働きの活性化)が期待されています。

参考:『社団法人東洋療法学校協会編 はりきゅう理論』『灸の科学 戸田静男 日本伝統鍼灸学会雑誌 Vol.27』『灸における熱ショックタンパク質(hsp)の意義 明治鍼灸大学 化学教室 小林和子』

2

Naturopathy 
~自然療法~

環境やストレスなどにより、一時的に心身のバランスが崩れても、ある程度は人間に備わっている自然治癒力により健康(心身のバランスが取れた状態)は保たれます。当院では、この自然治癒力を最大限に発揮させることを目標とした施術をご提供しております。

3

Holistic 
~全体治療~

気分が沈んでいる時や強くストレスを受けた時に、肩も重く感じるといったことはないでしょうか?実は、肩こりや腰痛などの原因となる身体面の不調は、心の影響を大きく受けていることが多いのです。当院では、東洋医学の「心身一如」の考え方に基づいた「全身お灸治療」により心身に働きかけます。

4

Made to Order 
~オーダーメイド~

望診:顔色や姿勢、舌の状態など視覚情報からの診察
聞診:声や匂いなど聴覚・嗅覚情報からの診察
問診:現病歴や既往歴の他に、飲食やトイレの回数、寒がり・暑がりなど体質傾向を把握するためいくつか質問をさせていただきます。
切診:判断に誤りがないかどうか、実際に手足やお腹に触れて確認すること

当院では、東洋医学の場で用いられてきた4つの方法から病状を把握し、お一人おひとりに合った最適な施術をご提供します。

STAFF

スタッフ

はり灸処まんねん堂
所長

大橋

Ohashi

もともとはIT関係の仕事をしていました。

鍼灸師になったきっかけは、2011年3月11日に発生した東日本大震災です。
震災時はとにかく子供たちの健康が心配で居ても立ってもいられませんでした。

大人の責任とは何か、子どもたちの健康を守るために自分に何ができるのかということを考えるようになりました。

この間、鍼灸で自然治癒力を高められると知り、その足で鍼灸学校に入学していました。

以来、健康を心配する気持ちに寄り添い施術によって応えられる鍼灸師を目指して日々励んでいます。

また、自身の更年期症状、睡眠障害、ぎっくり腰、五十肩、花粉症、角膜炎、肋間神経痛等の不調を鍼灸セルフケアで完治させてきたこともあり、

患者さんのセルフケアサポートにも力を入れています。患者さんが自ら健康維持増進できるように最適なセルフお灸方法や食養法をお伝えしています。

治療院は回復の場です。
リラックスして施術を受けていただけるよう、阿佐ヶ谷にお住いの方はもちろん、高円寺や荻窪エリアの皆様にも丁寧な接客とサービスを心がけております。

【 資 格 】
国家資格はり師・きゅう師
認知症サポーター
JAMHA認定 メディカルハーブコーディネーター
オーソモレキュラーアカデミー認定 分子栄養学アドバイザー(2021年3月末失効)
日本漢方養生学協会認定 漢方養生指導士初級

【 学 校 】
宇都宮大学農学部農芸化学科 卒業
東洋鍼灸専門学校鍼灸科 卒業

【 勉強会 】
和ら会真和塾(2017)
経絡按摩研究会(2018)
長野式臨床研究会(2019~)
ご予約はこちらから

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

080-6256-6565

プライバシーポリシー



友だち追加