BLOGブログ

2019年01月14日

小児の虎口三関の脈 日々の穴 LI3 

_ 手の陽明大腸経



虎口三関の脈とは?

虎口三関の脈は、聴診器やレントゲンのなかった昔に
小児の症状の重さを診るために用いられた診断方法です。

人差し指に出る線の「長さ」と「色」で診る方法です。

指の3つのの関節は、根元から、
MP関節、PIP関節、DIP関節です。
間接で3つのパートに分けられます。

3つのパートは下から、風関、気関、命関と
名前がついており、今日のツボ、「三間」は
風関の付け根にあるツボです。

三間の主治
喉の腫れ・痛み 手の腫れ 眼の痛み 歯の痛み



線の色には青赤黄白黒の五色があり、
この線が指の付け根から長ければ長いほど
病状は重いとされています。

命関まで線が伸びていたら要注意です!

色が付いているといっても、
うっすらと浮き上がっている程度ですので
感覚を研ぎ澄ませて診るようにします。

青っぽい線が現れるときは、疳の虫
赤っぽい線が現れるときは、発熱
黄色っぽい線が現れるときは、お腹
白っぽい線が現れるときは、気管支
黒っぽい線が現れるときは、は腎膀胱

虎口三関の脈は昔ながらの診断方法であり、
積み重ねにより重用されてきたものですが、残念ながら、
現代では途絶えているようです、

しかし、小さいお子さんを育てているお母さんは
虎口三関の脈を知っておいても損はないでしょう。

虎口三関の脈が家庭の医学に使われたら素晴らしいですね!

【JR阿佐ヶ谷駅から徒歩2分】はり灸処まんねん堂
はり灸処まんねん堂

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

080-6256-6565

プライバシーポリシー