BLOGブログ

2019年03月19日

花粉症、肌色つやアップに大都(だいと)日々のツボ SP2

_ 足の太陰脾経


主治
急性胃腸炎 花粉症 アレルギー性鼻炎 肌色が明るくなる


場所
足の親指の側面を摺り上げて最初に止まる陥凹。赤白肉際上。



赤白肉際は「せきばくにくさい」と読み、
皮膚の表側(赤側)裏側(白側)の境目で火傷になりにくい場所です。
白側も火傷になりにくく、赤側は火傷要注意です。

セルフケア方法
ツボ押し
お灸

お灸イメージはこちらから☞https://mannendou.jp/2020/10/16/


鼻粘膜や消化管の炎症に効果
花粉症の主な症状は鼻粘膜の炎症によるクシャミ鼻水ですが、
胃粘膜炎症も引き起こします。


花粉症の人は、爆発的なクシャミ鼻水とともに
腹痛、吐き気、胃もたれ、下痢や便秘に悩まされることもあります。


太陰脾経の大都は足榮火穴といって、熱を冷ます効果があるツボですから
こういった症状には効果的です。


点灸をすすめる理由
赤白肉際といって火傷になりにくい場所にある大都は、
お灸のもぐさをひねって据える点灸におすすめのツボです。


水ぶくれして火傷ができても2~3日もすればきれいに剥がれて
火傷痕を残さないからです。


点灸はヒートショックプロテインやヒストトキシンを
多く生成する作用が期待ででるため、
美容や免疫力アップにおすすめのお灸方法です。


 




about us


はり灸処まんねん堂

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

080-6256-6565

プライバシーポリシー