BLOGブログ

2019年10月29日

子宮脱や子宮下垂には曲泉(きょくせん)日々のツボ LV8

_ 足の厥陰肝経


主治
子宮脱 子宮下垂 下部腹痛 排尿困難 疝痛


場所
膝を60°に曲げた時、膝窩横紋の内端でから膝小僧に向かってたどった時、
押して最も圧痛のある凹んだところ。
(解剖的には薄筋と半膜様筋の間)


セルフケア方法
・ツボ押し
・お灸


子宮脱の症状
・夕方になると子宮が出てきて尿が出ずらい。
・くしゃみをしたり、爆笑したり、飛び跳ねたりすると尿がもれる。
・入浴時に、膣からピンポン玉大の何かが出てくる。
・外に出っぱなしで元に戻らない。
・肛門もゆるんでいるような違和感あり


なぜ中年以降に子宮脱になったり尿漏れするようになるのか?


閉経前後に卵巣から分泌される女性ホルモンが激減すると、
それまで女性ホルモンによって助けられていた
骨盤や骨盤底筋、子宮支持組織が女性ホルモンのサポートを失い、
運動などの予防をしないでいると脆弱化が進み内臓下垂を引き起こします。


内臓下垂が進行した場合には、
本来であれば骨盤底筋で支えられるべき子宮や膀胱、直腸が
身体の外に脱出する内臓脱なりかねません。


予防と対策には臓器を支える筋肉群を鍛える筋トレが一番です。
インナーマッスルを鍛える筋トレと合わせておすすめしたいのが子宮下垂をサポートするツボ曲泉です。


ちなみに、インナーマッスルを鍛える筋トレとしては、
無理せず長く続けられるピラティスヨガ等がおすすめです。


足の厥陰肝経は子宮と深い関係があり、
曲泉は肝経の合水穴なので、逆気而泄の役割をもち、
溜まったものを漏らさない等の効用があります。



筋トレと合わせて、曲泉のツボ押しお試しあれ。


【JR阿佐ヶ谷駅から徒歩2分】はり灸処まんねん堂





はり灸処まんねん堂

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

080-6256-6565

プライバシーポリシー