BLOGブログ

2020年02月15日

消化吸収を助けるツボ

メディカルハーブ・薬膳・解剖生理・分子栄養学など



胃腸の調子がわるい人の特徴

毎日晩酌している
パンやパスタなど小麦製品を多食してる
ストレスフルな毎日を送ってる
早食い
胃酸抑制剤を長く使用している
睡眠不足が慢性化してる
プロテインを摂取してる
等々

胃は、副交感神経の支配を受けて消化吸収するため、ストレスにより長期にわたって交感神経過緊張状態さらされても消化吸収能力が低下します。この場合はストレスを解消することが回復への近道です。

また、日本人は欧米人に比べて胃酸の出が少ないため胃酸抑制剤を使用する必要はほぼほぼない場合が多いのですが、
胃に炎症があると胃酸刺激で痛みがでるため鎮痛目的で胃酸抑制剤を長期渡って使用している場合は注意が必要です。
少ない胃酸がさらに減少し消化吸収能力低下一直線です。

胃の不調の原因は他に、萎縮性胃炎やピロリ菌感染などありますが、いずれの場合にも胃粘膜の修復と消化酵素の補充が必要なお手当てです。

胃粘膜修復
 胃粘液の産生分泌 
  ビタミンA、タンパク質、アミノ酸、コンドロイチン硫酸
 粘膜修復
  ビタミンA、亜鉛、タンパク質
 酸化ストレス対策
  抗酸化物質(ビタミンC ビタミンE)

消化酵素で消化不良改善
 胃酸を補う
  梅干しやレモン、お酢などの酸味 クエン酸
 胆汁を補う
  苦み野菜 ウルソデオキシコール酸 タンポポ根 ミルクシスル ゴボウ

胃が元気になってきたら乳酸菌や酪酸菌、植物繊維を食べて善玉菌を増やしましょう!

胃を助けるセルフケアのツボはズバリ中脘(ちゅうかん)☞足三里☞です。
ぜひ運用してみてください!

お手当方法は、張るタイプのミニホカロンを貼ってもいいですよ。
もちろん、せんねん灸などの台座灸でも。










はり灸処まんねん堂

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

080-6256-6565

プライバシーポリシー