BLOGブログ

2020年11月01日

リピーターの声【つわり、妊娠中の足のむくみ】

お客様の声


こんにちは!はり灸処まんねん堂です。
お客様から改善のご報告をいただきましたので掲載させていただきます。





【お客様】
40歳代前半 女性 つわり、足のむくみ、腰痛 
施術期間 2019年5月~2019年10月上旬(約6ヶ月間)

【ご報告】
妊娠中、安定期に入る直前くらいからお世話になりました。
もともと背中の凝りが強かったため、つわりがつらくて妊娠8か月くらいまで続きました。
先生が、背中をじっくり温めながらほぐしてくれるので、施術後1週間くらいはつわりがホントに楽になりました。
その他、足のむくみや冷え等に効くツボにもアプローチしてもらい、妊娠中全く問題なく過ごせました。
40週0日で、初産にしては比較的安産で元気な赤ちゃんを出産できました。
妊娠期を無事にすごせたのも大橋先生のお灸のおかげです。

妊婦さんには特におススメです。
私は腰痛はそこまで出ませんでしたが、腰もかなり軽くなります。
コロナ対策をしっかりしており、完全プライベートサロンのため、安心して通っていただけると思います。
(こんなに丁寧に身体をみてもらえることはなかなかないのでは?と思います。)





【施術者コメント①】
Rさんには、妊娠10週の時にマンツーマンお灸教室に初めて参加していただき、その後、妊娠14週から臨月の36週まで月2~3回のペースで受けていただきました。
つわりは通常、妊娠が成立して5週頃から始まり11週頃には消失する自然なものですが、Rさんの場合、妊娠14週を過ぎても中々おさまらず、胃のむかつきや胸やけが妊娠33週を過ぎても続いていました。

つわりに対する施術は、胃のむかつきと胸やけを抑えるために、凝っている肩甲骨の間のツボと、胃のツボを重点的にお灸施術するとともに、副交感神経の活性化を促すため頸椎上部と、仙骨部への温灸を合わせておこないました。凝りがほぐれることにより、つわりが軽くなり身体も軽く楽になり、目の疲れが取れるなど副次的な効果もあってリフレッシュできたようです。

足がむくむのも妊娠中によくある症状の一つですが、妊娠中の下肢の浮腫みに対して、下肢の陰経の反応のあるツボへの鍼灸と足裏の湧泉ツボへの棒灸でほとんどの場合緩和されています。
(写真は湧泉ツボへ無煙棒灸をじっくりあてているところ)









【施術者コメント②】
予定日ぴったりに無事に元気な女の赤ちゃんが生まれたという知らせを受けたときは、ホッと安堵するとともに生命を育むことと誕生の喜びをとても身近に感じたことを昨日のことのように思い出します。
その後、母子ともに健康で、赤ちゃんは乳児湿疹や疳の虫もなく穏やかに力いっぱい成長していると聞きとても嬉しく思っています。





【JR阿佐ヶ谷駅から徒歩2分】はり灸処まんねん堂


はり灸処まんねん堂

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

080-6256-6565

プライバシーポリシー