BLOGブログ

2022年10月20日

【症例】こどもの手掌多汗症に鍼灸が効果的だった一例

NEWS 症例など


相談月 9月
小学校五年生の女の子、緊張したり心配した時に手掌と足底にじっとり汗をかくのが悩みの種。特に学校で紙に字を書くときに紙が濡れてびしょびしょになるのが一番困っている。発汗は、好きなことに集中しても同じように起こる。汗が出る前兆として発汗部に熱が走るとの本人談。お母さんによると、この症状は幼児の頃からあり、手掌がふやけて皮膚がはがれることが頻繁にあったとのこと。





随伴症状
・頻尿気味、一日おきに夜間尿がある
・寝つきが悪く途中で眼が覚める
・怖い夢をよく見て内容を覚えている(泣きながら目が覚めることも度々)
・こめかみの頭痛
・ため息が良く出る
・しゃっくりが良くでる
・口内炎になりやすい
・皮膚の乾燥
・喉が渇いて氷の入った飲み物をごくごく飲む
・便秘と下痢を繰り返す





所見
脈:浮数 舌:舌質紅 舌尖紅 痩舌 舌苔薄白 
京門 労宮 然谷に圧痛 





弁証(タイプ)
心火上炎 心腎不交 





治法
清熱瀉火 交通心腎





選穴(ツボ)
復溜 陰げき 神門 印堂 照海
だん中 百会 曲池 少府 労宮
心兪 脾兪 腎兪





経過
一診目で手掌と足底の多汗がだいぶおさまった。手汗が出難くなり一安心している。手をつないでこんなにさらさらだったことはないとのお母さん談。今は花粉症で鼻水が止まらないのが一番の悩み。

初診から二か月経過した11月に手汗が再発。
早速来院してもらい生活状況を確認すると、習い事のスケジュールが過密になってゆっくりお風呂にだらだら入ること等も少なくなった。寝つきが悪く夜間尿意による中途覚醒も復活





考察
小学五年生ながらベースに腎陰虚を持ち、交感神経優位の気滞により心火上炎を来したが腎陰の不足のため心火を鎮静できず心腎不交を呈するに至った。(不眠や口渇は陰虚によくみられる症状、頻尿と夜間尿は腎虚および自律神経の乱れ、怖い夢を覚えているというのは実証を示唆。)この一例においても、心火を消すことと腎陰を補うことが一度の施術内で同時に行われたと思われる。針で刺されることを怖がったためほぼお灸での施術となった。このためお灸で瀉法を多用する結果となった。最後に舌尖の鮮やかな赤色が消退していることを確認し施術終了とした。
再発時、同様の施術を実施し改善を確認した。針への恐怖心は無くなった。





【JR阿佐ヶ谷駅から徒歩2分】はり灸処まんねん堂


ご予約はこちらから

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

080-6256-6565

プライバシーポリシー



友だち追加