BLOGブログ

2019年04月22日

憂うつと便秘に神門(しんもん) 日々のツボ HT7

_ 手の少陰心経


 


主治
イライラ 不眠 もの忘れ 舌炎 ストレスによる便秘


場所
豆状骨上縁の親指側で手関節横紋上の尺骨手根屈筋腱のキワ
(参考)沢田流神門: 尺骨頭と豆状骨の間の凹んだところ 


沢田流神門のほうがより便秘に強力に効くという説があります。
セルフケアでは、ツボ反応のより顕著なほうを選ぶといいでしょう。



アンニュイ専門の神門
神門は心の不調をなだめるツボとして有名ですが、
ストレス起因の便秘の特効穴としても有名です。
心臓病、神経症、精神疾患の名灸穴でもあります。


脳腸相関
心の状態が安定していると腸の調子が良く、
腸が下痢や便秘で不調だと、心の状態も今一つ優れない、
といった相関関係があることが、
現代の精神医学でも明らかになってきました。


脳肌相関
漢方や東洋医学では、腸の陰陽は皮膚であるため、
腸の状態の良し悪しが肌のコンディションを左右するとは
古代からの定説でした。
脳(厳密には延髄視床下部)と肌の関係は、
現代の医学でも証明されるようになってきました。


腸の調子がいいと、肌の調子もいい!


セルフケア方法
・ソフトツボ押し
・熱すぎないマイルドなお灸


お灸イメージはこちらから☞https://mannendou.jp/2020/10/16/




【JR阿佐ヶ谷駅から徒歩2分】はり灸処まんねん堂


はり灸処まんねん堂

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

080-6256-6565

プライバシーポリシー