BLOGブログ

2019年09月10日

聴こえを良くする耳のツボ 日々のツボ 

_ 日々のツボ 症状まとめ



難聴や耳鳴り等の聴覚トラブルに効くツボが
耳の周辺に密集しています。

難聴になるとアルツハイマー型認知症になる確率が高くなる、
と言われています。
肥満、高血圧や糖尿病に次いで難聴も認知症の危険因子です。

聴覚の衰えにより脳に伝えられる情報量が少なくなると、
脳神経細胞の萎縮が進み認知症が発生しやすくなるとのこと。

認知症や難聴は予防可能な生活習慣病です。

40代50代になって、耳の聴こえが悪くなったかな?
と感じたら聴覚に関連するツボセルフケアで先手を打ちましょう。

ツボの場所
和髎・・・頬骨弓の上の浅い凹み、耳珠のほぼ真上。
耳門・・・耳珠の斜め上、頬骨弓の後端
聴宮・・・耳珠と骨(下顎骨)の間にある凹み。口を開くと深く凹む。
聴会・・・聴宮の直下。口を開くと深く凹む。



主治
和髎・・・耳鳴り 難聴 頭痛 顎の腫れ
耳門・・・顎の痛み 難聴 耳鳴り 歯痛 耳だれ
聴宮・・・耳鳴 難聴 中耳炎 歯痛
聴会・・・耳鳴 難聴 歯痛 顔面神経麻痺

上記と合わせて、耳の裏側、耳の中もケアすると万全です。

耳の裏側は、
和髎、耳門、聴宮、聴会の裏側にあたります。



耳の内側はこのように。
ていしん(先の尖った金属の棒)を使うと便利です。




セルフケア方法

・ツボ押し
・ていしん

【JR阿佐ヶ谷駅から徒歩2分】はり灸処まんねん堂
はり灸処まんねん堂

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

080-6256-6565

プライバシーポリシー