BLOGブログ

2019年11月08日

転ばぬ先の杖、生活習慣病予防に関元(かんげん) 日々のツボ CV4

_ 任脈



主治
遺精 遺尿 不正子宮出血 月経不順 帯下 子宮脱・下垂
下痢 虚労 るい痩 中風脱症

場所
臍中央から指4本分下

セルフケア方法
・点灸などのお灸

臍下丹田のツボ
関元は臍下丹田(せいげたんでん)の下のほうのツボ
(臍下丹田の上方のツボは気海)


人体の主要なチャクラは
上丹田、中丹田、下丹田の三つがあるといわれます。

下丹田は臍下にあるため臍下丹田と呼ばれています。

臍下丹田と関元はほぼ一致しており、気海も含まれると考え、
関元と気海、合わせて臍下丹田と理解しています。

人間の活力の源であり気血の集まる場所が丹田。

上丹田は印堂☞、中丹田は膻と中(だんちゅう)☞
下丹田は気海と関元にそれぞれ対応しています。

元気が湧き出るツボであることから関元と名付けられました。
季節の変わり目に、関元ににお灸を据えることで元気を補い、
年齢を重ねても疲れを知らないパワーを手に入れましょう!

関元のお灸は、中年以降の生活習慣病に対する抵抗力を高め、
疾病にかかりにくくします。

関元にまつわる逸話は多々ありますが、仰天話を一つ。

南宗の時代の「扁鵲心書」によると、
とある罪人が、90才過ぎても快活で、
1日十人の女性と交わっても衰えることがなかった。
刑吏がその理由を聞くと、夏から秋への季節の変わり目に、
関元に灸を千壮すえているだけ、と言ったとのこと。
しばらくこれを続けていると、寒暑をおそれくことがなくなり、
何日も食事をしなくても飢を覚えることがなくなったと返答した。

まさに仰天。

お灸イメージはこちらから☞https://mannendou.jp/2020/10/16/


【JR阿佐ヶ谷駅から徒歩2分】はり灸処まんねん堂
はり灸処まんねん堂

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

080-6256-6565

プライバシーポリシー