BLOGブログ

2020年07月18日

痩せるツボってありますか?という難題 ~日々のツボ~

日々のツボ


気血の巡りとダイエットの深い関係









主に女性の方から「痩せるツボがあれば教えてください」といった質問を受けることが時々あります。大食しているわけでもないのに、何故か太ってしまいなかなか痩せない。適度に体操やストレッチをしているがお腹周りに贅肉がついてしまう。他に思い当たる理由がないので、痩せるツボというものがあれば試してみたいようです。

中国式、フランス式の本格的な耳ツボダイエット方法などもありますが、基本的には老廃物をためにくい巡りの良い身体づくりを目指したいですね。

東洋医学や漢方の世界では、気血の流れが良くなることで代謝が上がり、溜め込まない身体になることが、結果として痩せ=ダイエットにつながるという考え方です。

気血の流れをよくするためには、食事がもっとも大事であることはいうまでもありません。

気血とは「気」と「血」よりなり、身体を養うエネルギー物質です。「気」を昔は「氣」と書いたように、米などの穀類は主食となって生命を養う大事な食べ物です。人間の歯の構成からもわかるように、穀類を中心に野菜や肉類をバランスよく組み合わせて、旬のものを丸ごと、よく噛んで食事そのものを楽しんで食べることが、氣血の巡りをよくする上ではとても重要です。

なかなか痩せないと感じたら、まず、自分の食事がしっかりとごはんを食べる食事になっているかどうかをチェックしましょう。

食事が整って、ストレスに悩まされることもなく、適度に運動していれば、自然とお腹も凹んで適正な体重になってくるはずです。





症状別「気血の流れを良くして痩せるツボ」





気血不足しているタイプ









そもそもエネルギー物質が不足していては、いきおいよく気と血が流れることができません。これらのエネルギー物質は主に食事からつくられます。食事の消化吸収を助けるツボや貧血をサポートするツボをチョイスします。
少量食べても消化吸収がおかしい、貧血気味と感じる方におすすめです。

消化吸収促進
足の陽明胃経 足三里 
任脈     中かん 

貧血には
足の太陰脾経 三陰交 血海





気が滞っているタイプ









ストレスを発散させずにため込んだり、不規則な生活が続いて睡眠がおかしくなると、気がうまく流れず気が詰まる「気滞」という状態になり痛みが発生することもあります。「気滞」は気の異常代謝物質です。
ストレスで痩せないのかなと感じたら気滞を改善するツボをチョイスしましょう。

足の厥陰肝経  太衝 
手の厥陰心包経 労宮 内関
督脈      百会 





血が滞っているタイプ









冷えやストレス等により血液の流れが緩慢になって循環が悪くなると「お血」が生成されます。この「お血」というのは厄介な血の異常代謝物質で、正常な血液の滋養作用を邪魔をして、見た目にかかわる鮫肌、目の下の黒ぐまなどの原因にもなるため美容にとっても大敵です。刺すような鋭い痛みが慢性化することもあり長引くと生活の質低下をきたします。

なんだか最近痩せない、目ぐまが気になるし、顔色が色素沈着してきた、という人におすすめしたいのは

足の太陰脾経  血海 
足の厥陰肝経  中封 太衝 
手の陽明大腸経 合谷





が滞っているタイプ









痰飲とは、体内の水分代謝の異常によって形成される異常代謝物質で、身体の局所に停滞した異常体液の総称です。痰飲が肺に出来ると咳や痰、喘息などの症状が現れ、胃腸に出ると、腹が張る、悪心嘔吐、胃からポチャポチャ水音がするなどの胃腸の異常となって現れます。さらに精神に影響するとめまいや不眠、精神疾患などの症状が現れることもありたいへんやっかいです。皮膚表面の痰飲はむくみやしびれとなって現れます。

年中咳がちでむくみやめまいがひどいという場合には

足の太陰脾経 陰陵泉 商丘 
足の陽明胃経 豊隆 足三里 
足の少陰腎経 湧泉





セルフケア方法





・台座灸
・点灸





誰でも簡単にできるお灸方法を動画で説明しています。
【点灸/合谷】【台座灸/手三里】













【JR阿佐ヶ谷駅から徒歩2分】はり灸処まんねん堂


はり灸処まんねん堂

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

080-6256-6565

プライバシーポリシー