BLOGブログ

2019年10月17日

捻挫のアフターケアに丘墟(きゅうきょ)日々のツボ GB40

_ 足の少陽胆経

内反捻挫



主治
捻挫後遺症 首の痛み 眼の腫れ 胸痛 脇痛 嘔吐 呑酸 
下肢の運動麻痺 外果の腫痛


場所
外果尖の内方垂線と下方斜線の交差点あたり。
押してズキンと痛いところ。



 


捻挫はアフターケアが大事
捻挫には大きく分けて足が内側に挫ける内反捻挫と外側に挫ける外反捻挫の二種類があります。


足関節は外反より内反に可動性が高い関節のため
内反捻挫が圧倒的に多いとのことです。


内反捻挫では外側の靭帯が損傷されます。


捻挫は足首だけの問題にとどまらず、
腰痛や片側痛などの身体の歪みを生じ後遺症を残しやすいため、
治癒後のアフターケアが養生の面では重要になってきます。


内反捻挫の患部である外側靭帯にあるツボが丘墟です。


このツボにお灸を据え続けるとと筋腱が柔らかくなり、
全身の筋の緊張も緩和されて後遺症に悩まされることもありません。


捻挫既往で調子の良くない人はお試しあれって感じです。


セルフケア方法
・ツボ押し
・台座灸
・点灸


お灸イメージはこちらから☞https://mannendou.jp/2020/10/16/


【阿佐ヶ谷駅から徒歩2分】はり灸処まんねん堂





はり灸処まんねん堂

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

080-6256-6565

プライバシーポリシー