BLOGブログ

2019年03月18日

過多月経に隠白(いんぱく)日々のツボ SP1

_ 足の太陰脾経


主治
過多月経 月経が長期に長引く時 不正子宮出血 腹部膨満感


ツボの場所
足の親指の爪の水平線(第一指爪根部)と内側縁に垂直に引いた線の交点。


崩漏(ほうろう)を治すツボ
昔の人は、経血量が多くて難儀した時に、
足の太陰脾経の井穴「隠白」に点灸を据えて出血を抑えたようです。


隠白は崩漏(ほうろう)を治すツボとして古書にも書かれているように
月経血をコントロールするツボとして重用されてきました。


「崩」とは、崩れるように激しく出血している様、
「漏」とは、たらたらと出血する様、とのこと。


隠白は、救急的に用いられる五行穴の井穴です。
まさに出血している状態でお灸を据えるのが最適なのではないかと思います。


過多月経とは?
生理用ナプキンを替えても一時間ももたないほど経血量が多い状態が
過多月経です。


原因としては、子宮筋腫や子宮内膜症など子宮の異常、
女性ホルモンや甲状腺ホルモンなどホルモンアンバランスが考えられます。


甲状腺機能の低下が月経過多の原因になることがあります。出血を止める血液凝固系には複数の凝固因子があり、その中のいくつかの因子が甲状腺ホルモンの影響下にあるといわれています。甲状腺機能が低下するとそれらの凝固因子の働き方が鈍くなるため出血が多く止まりにくくなるのではないかと言われています。
甲状腺機能低下の症状は、寒がり、汗をかきにくい、便秘になりやすい、食べてもいないのに太りやすい、むくみやすい、眉毛の外側半分が抜ける、皮膚が乾燥する、徐脈、嗄れ声、などです。


過多月経は鉄欠乏性の貧血を引き起こします。
過多月経が習慣化している場合には、適切な診療科を受診するとともに、タンパク質+鉄分+ビタミンCを積極的に摂るなど食事に注意する必要があります。


セルフケア方法
ツボ押し
お灸


お灸イメージはこちらから☞https://mannendou.jp/2020/10/16/








【JR阿佐ヶ谷駅から徒歩2分】はり灸処まんねん堂


はり灸処まんねん堂

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

080-6256-6565

プライバシーポリシー