BLOGブログ

2019年06月11日

女性の生理を整える仙骨のツボ 日々のツボ BL31~BL34

_ 足の太陽膀胱経

「仙骨ってどんな骨?」

仙骨は、腰椎と尾底骨の間にある逆三角形の骨です。
4対の穴(後仙骨孔) があいており、
そこから仙骨神経後枝が出てています。



自律神経は、
活動しているときに働く交感神経と
休養しているときに働く副交感神経が
バランスをとって働く仕組みです。

自律神経の出る場所ですが、
交感神経は頸から腰の背中にあり、
副交感神経は頭と仙骨にあります。

副交感神経の活動は温めると高まります。
仙骨を温めると眠くなるのは副交感神経が活発になるからです。

当院の「全身お灸」施術では
仙骨に棒灸をじっくり施術します。



副交感神経の特徴的な働き
「血流をゆるやかにする」
「ホルモンの分泌や流れを良くする」

仙骨を温めることにより
交感神経過緊張を緩和し、
血流とホルモンバランスの乱れを起因とする
諸症状の改善が期待されます。

生理痛、生理不順、腰痛、頭痛、肩こり、不眠、冷え症、
慢性疲労、胃腸不調、更年期障害、しびれ、食欲不振

ツボの場所
仙骨のツボは後仙骨孔のS1~S4神経根の仙骨孔が
そのままツボの場所になっています。

上髎(じょうりょう)
場所 第一後仙骨孔(S1)

次髎(じりょう)
場所 第二後仙骨孔(S2)

中髎(ちゅうりょう)
場所 第三後仙骨孔(S3)

下髎(げりょう)
場所 第四後仙骨孔(S4)



共通の主治
生理不順 腰痛 排尿困難 便秘

鍼灸治療での仙骨の八髎穴は女性の疾患や不妊治療、泌尿器系に欠かせません。
生理痛や生理不順などの月経トラブル、子宮筋腫や子宮内膜症などの
婦人科系症状、膀胱炎などの泌尿器系トラブルの緩和には八髎穴のお灸。
これ、覚えておいてください。

セルフケア方法
ホッカイロ、湯たんぽ、あずきのちからなど温めグッズを使って
仙骨を温めよう!

【JR阿佐ヶ谷駅から徒歩2分】はり灸処まんねん堂
はり灸処まんねん堂

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

080-6256-6565

プライバシーポリシー